オンラインのサービス

オンライン翻訳サービスの特徴と料金

ビジネスの現場では、今や常識となったオンライン翻訳サービス。日本国内の企業が将来成長を続けていくためには、グローバル化が重要な戦略になってきます。海外マーケットへの進出においては言葉の壁をどのように払拭するかが課題であり、オンライン翻訳サービスへのニーズは今後も確実に高まってくるでしょう。 利用が普及し身近な存在になって理由として、手軽に使える料金設定があります。さらに、料金が安いだけではなく、翻訳のクオリティが高く納品が早いといった高価値なサービスを提供できる会社が増えています。料金も、英訳1字あたり2.6円から8円程度で、400字で1000円から3000円という料金相場です。今後も、ビジネスの現場で求められる料金、納品スピード、発注の手軽さについての競争が進み一層使いやすいサービスになると考えられます。

利用にあたり情報漏えいには十分注意を

最近急速に利用が拡大しているクラウドサービスですが、このサービスにまつわる情報漏えいトラブルも増えています。オンライン翻訳でも、サービス業者に依頼した文章が、ネット上にそのまま公開されていたという問題が実際にありました。オンライン翻訳は、気軽に文章を翻訳を依頼できるけど、依頼する文章そのものを事業者に渡しているので、社内の機密情報を翻訳する場合などは無意識ながら漏えいの危険を冒していることになり、社内規定に反する行為をしていることになってしまいます。使いやすい便利なサービスですが、第三者にそれらの情報を盗み見られる、情報漏えい被害などの情報の外部流出リスクに対し十分に配慮して利用することが大変重要になります。